2009年03月15日

第2回従兄弟会INまるます屋

今日、15日に第2回従兄弟会を行いました。
今回は男だけの4人で、1回目と同じ赤羽のまるます屋でした。

次回の日程は未定ですが、まるます屋の線路側に有る、「八起」と言う
やきとん屋さんだそうです。
まるます屋が一人当たり3700円くらいですが、「八起」はもう少し安いそうです。
何せ、幹事が元赤羽警察署の署員ですから。

赤坂で「かみなりや」と言う、メニューの無い飲食店をやっている人も従兄弟です。
メニューが無いと言う事は、おまかせメニューみたいで、料理だけで1人10000円以上との事です。
昨日は、フランスの有名なワインの会社の経営者が来たそうです。

          まるます屋店内                       従兄弟4人
   


Posted by eityann at 16:49Comments(0)

2009年03月01日

自給自足の生活

昨日は母方の親戚の通夜でした。
その子ども(現在50代)は私が小さい頃から遊んだ兄弟みたいなものです。

子どもの頃は自宅の庭から家のお風呂に釣り糸を投げて釣りの練習をする程の釣りキチ。

母親曰く、この子は小さな頃「誰が学校を発明したんだろう、発明しなけりゃよかったのに」と
そのくらい学校より釣りが好きだった様です。
その子も50代に成り、1回目の結婚は失敗し、2回目の結婚は双方が共に家族がありながら、
いわゆる不倫というやつですか。
二人で山梨に行きそこで仕事を探し自給自足の生活を始めた様です。
奥さんは有名なスポーツ関係者の妹らしいのですが、かなりの美人です。
家にはパソコンも携帯電話もないそうです、テレビもあまり見ないそうです。
その様な生活がイヤで田舎の生活を始めたそうですから。
暖かくなると、朝は4時に起きて夫婦で畑仕事をしてから仕事にいくそうです。
夫婦共に今の生活に非常に満足していました。
野菜はほぼ100%自給だそうです。
こんな生活に憧れる方は現代では増えていると思いますが、気のあったバツ1同士が
縁もゆかりも無い土地で自給自足の生活をするなんてなかなか出来ないですね。

しかし、この2人の顔が生き生きしていたのは、すばらしい人生を送っている事の証しと
思うと羨ましく思う今日この頃です。
今日は町内の方の通夜です。
おしまい

       2年位前に行った白樺湖
  


Posted by eityann at 07:42Comments(0)